2007年04月30日

#3 今回はソノショ〜ン監督の身もフタもない話でしたが、このドラマはフィクションです

プクー!
ようやく感想記事がアップできました。プクー!
園子温監督Ver.は面白いんだけど、三木監督のよりも感想が書きにくいという難点があるんだよねぇ…。
とか言いつつ、身もフタもない話をすると、まぁつまりは遊びまくっていて感想を書く時間がなかっただけじゃないのか、と。
それだけではないでしょーか、と。
ま、そーゆー風にも言えるかな、と(笑)。

待ちに待ったプクー人形。
あ、蜂さんと熊本から言わせればプクー“ちゃん”人形(笑)。
それだけではなく、沈みがち人形やバタンキュー人形なども登場して、盛り上がった今回。
更に盛り上がったのは、ズバリ“千葉に壮大なプクーランドを建設!”という画期的なアイデアを女帝がカミングアウトした時ですよ(爆笑)。
ビバ、プクー人形!ビバ、バッチグー!

三日月ちゃんとオダギリ霧山がプクーちゃんの録画を見ている時、オダジョの百面相があまりに可愛くて、きゃーっどうしよう黒ハートと激しく動揺してしまったのは否定できませんが、三日月ちゃんと霧山を後ろから抱きしめた十文字さまを見た瞬間、やはりワタシは十文字ラヴァーなんだわ〜♪と確信しましたよ(笑)。
ああ…できることなら私も十文字さまに後ろから抱っこさーれーたーいーー!!!(こら)

健全なブロガー(え)であるワタクシは、ノータッチのまま終わらせようかとも思ったのですが、2年という長期に渡り愛しの十文字さまの頭を悩ませ続けた事件に係わる重大な証拠、やはり触れずにはおられまい!

そう…それは、


「ちんちんだもんで」



一見、奇怪なその文字の意味は、十文字さまも書いていらっしゃるように、
「ちんちんだ! 揉んで」
なのか。はたまた
「ちんちんだもん。で?」
なのか…。
十文字さまがつい「す、すみませんっ!」と謝った挙句、脳ミソが“ちんちんだもんで”になりかけたというのが痛いほど分かる、ディープな8文字…(笑)。

全てはバッチグーで終わるかと思いきや、最後にトップシークレット2名が十文字さまを突き飛ばしたのを見て、思わずムッとしてしまったわ〜。
ちょっと、ナンなの?!あの2人は!!!むかっ(怒り)
しかもオタギリ霧山に向かって、「日本一の名探偵だ!」なんて!
あのね〜。こう言っちゃあナンだけど、「ただ階段から転がっただけなんじゃないの?」という大胆な正解を一番最初に発言したのは、

何を隠そう三日月しずかですよ?
それを忘れてはバッチグーにならないだろーっ!
今こそ、三日月しずかファンは立ち上がる時だぞー!?

…だから十文字さま。
「沈みがちだ…」なんてヘコむ必要なんて全くなくってよ!
たとえ身もフタもなくっても、いつでもあなたはそのままでバッチグーなんだから。。。
posted by Aki_1031 at 00:32| Comment(4) | TrackBack(1) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大胆だなー!
「ちんちんだもんで」ネタを書くのは、不健全ブロガーの私の役目だと思ってたんですが。大人になったねぇ、Akiさん…バッチグ〜だよ(涙)

それにしても不覚にもその8文字が脳細胞を占めてしまうあたりといい、何を思ったか「恥ずかしいっ!」と先輩ハチさんの前で動揺するあたりといい…あの“純過ぎる”リアクションに私の中ではふと新たな疑惑が生じました。十文字ってさ…アイツもしかして…DT???(汗)
…どうよ、無きにしも非ずの推理だと思わない?(喧嘩上等!投石覚悟!)

でもそれはそれで可愛いかも…でへへ。

それにしても…千葉いいなぁ…広いから何でもつくれちゃう(笑)
Posted by むさし at 2007年04月30日 16:52
むむむむむさしさんっ!
>十文字ってさ…アイツもしかして…
ななななんてことを!!!(激しく動揺・笑)
まさかまさか十文字さまが……だったら…(滝汗)

それ以上は健全な「時効警察」ブログでは
放送禁止ピーーー入りますよ!!(笑)
>でもそれはそれで可愛いかも…でへへ。
てか、可愛いのかよ!(爆)
全てはテク次第ということかしら…って、
もうこれ以上はかーけーなーいー(><)
Posted by 刑事か?Aki at 2007年05月02日 13:14
毎週お邪魔します。
前2回に比べると、主役を食いかねなかった十文字様がやや引っ込んで霧山君がようやく目立ってきた感じがしたのですが、こちらはいつでも十文字フェアですね!あの八文字への反応はともかく、「後ろから抱っこ」や、「トップシークレットに突き飛ばされたことへの遺憾」を表明しているのはここだけではないでしょーか、と。
私は普通にプクーちゃんで盛り上がり、園監督と自分の相性の良さを確認しました。オダギリ監督の回もあるということで、ますます時効ワールドにやられまくってます!
Posted by きのこ at 2007年05月02日 23:26
>こちらはいつでも十文字フェアですね

ああ!“フェア”!!!なんか刺激される言葉です。キャンペーンとかフェアとか祭りとか…日頃の仕事柄もあって、ついついお遊び心にスイッチが入ってしまうキーワード。まずいなぁ…どうしよう。何かやりたくなってきちゃったよ。
というわけで「初夏の十文字フェア」と題した企画を至急あげて下さい!(…って、ファミレスの苺フェアじゃないんだから…)
Posted by むさし at 2007年05月03日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40387070

この記事へのトラックバック

帰ってきた園子温監督の時効だプクー! ―「時効」第3回―
Excerpt: 【帰ってきたソノショ〜ン!】 うううぅん!! 「帰ってきた時効警察」3回目に来ました! やっぱり園子温監督・脚本の回は面白い!!というかチューニングが私に一番ピッタリ!! メイン三木監..
Weblog: メゾン・ド・キノコ
Tracked: 2007-05-02 23:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。