2007年05月07日

ま、だから何だ…って話なんだけど(その2)

気になったからやってみたのよ。
涙で文字が滲んだラブレター」と「涙と同じ成分の目薬で文字が滲んだラブレター」の違い。

片方は「マ●ティアCL」で、もう片方は「本物の涙」。
共に投下距離およそ10cm。
どう?どっちがどうだか分かる?(※)

やった本人も後から「あれ、どっちだっけ?」って思わず迷いかけたけど…その程度の違いしか「結果」ではわからないことが、つまり諸沢には哀しかったんだと思うのよね。
或いは過去の苦い恋愛体験が脳裏を過ぎったのかもしれないし、ひいては「その結果」から「原因」を紐解くための作業をしている今の自分の仕事に一抹の虚しさを感じてしまったのかもしれない。
霧山君は「あんまり哀しくない」なんて言ってその場を挫けさせてくれたけどね(苦笑)
でも、私は諸沢の感性に一票。

余談だけど、第1話で作成した合成スライドフィルム作成料:2,500円、第2話で収監されてる空き巣から聞きだした「この家で大事なものはどこに隠すか?」情報収集手数料:3,000円、そして4話での模型作成料:8,000円、締めて現在までの所の計13,500円
…この副収入がきっとあの白衣の下から覗くおしゃれなシャツ代になると見た(笑)

※解答 (A)目薬、(B)涙 でした。

え?涙は本物よ。当たり前じゃない。だって女優ですもの、アタシ。目の前の焼き魚見ながら「こんな姿になって…」って言いながら泣ける女よ。あ、そうそう、こんど主演した映画の日米同時公開が決まったの。え?いやだわ、アカデミー賞候補だなんて…そんなこと言われてるの?でも…そういう事を狙っての映画作りはしたくないわよね。(←誰なの?早く催眠術解いてやって!)
posted by むさし at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。