2007年05月13日

いわかん

いやね、どこぞのドラマレビューサイトじゃないんだから、批判的な記事を書くことはこのブログの本質から乖離するんですよ。それはわかっちゃーいるんですけどね、どーも新シリーズには軽い違和感を覚えちゃうんですよね。

面白いことに変わりはないんだけど、どうも詰め込みすぎな、力が入りすぎな、印象を毎回感じてしまうんです。


まず、あのだらだら感が薄くなってしまった。トリックなんてどうでもいいんですよ、はっきり言って。本格推理なんて時効警察には、はなから期待してないわけですから。ふーん、って思わせる多少のトリックと間の抜けた会話とぐだぐだした雰囲気。
それを楽しみたいわけですよ。

それが今シリーズでは、ごそっと失われてしまったような気がします。ややこしくなったトリック、セリフの多くなった時効管理課のシーン、性急な展開。前シリーズとは似て非なるもの、と感じることもあります。

個人的に一番好きな時効管理課のシーンは、やたらテンポが早すぎ。前シリーズでは、長すぎるくらいの間の取り方に演者の巧さを感じさせられたのに、今はそれも薄い。
漫才で言えば、いとしこいしからタカアンドトシにテンポアップした感じ。
それで面白ければいいんだけど、なんか消化不良なんですよね。
サネイエのセリフのテンポすら早くなってる。マカディーの起用を否定する気はないけれど、うまく回ってない。

と、ぐだぐだ文句たれましたが、時効を愛する気持には変わりがないわけで。

あと4話。もうちょっと脱力感のある時効が見たいです。

以上、ご静聴ありがとうございました。
posted by gary87 at 18:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思うに…。
今回はTV局側の営業的な力がものすごーく影響してるような気がしません?何せあの時間帯で10%以上の視聴率が取れるドラマでしょ、パート1の時には好き勝手に描けた時効ワールドも、それで成功したパート2ともなれば視聴者の抱く「期待」とは別物の「期待」も当然局側に出てくるだろうし。いわゆる営業的な圧力のようなもので、脚本的にも縛られてるような、そういう匂いを感じます。garyさんの言う「テンポ」という事を考えたら、むしろ要らなかった真加出というキャラの設定にも、恐らくは「うちのタレントを是非!」てなやり取りがあっても不思議じゃない。(←すんごい個人的な推測だけどね/笑)…似たような意味では交通課の3人組が出過ぎ!どう見てもパート1より出番増えてる。…と、言って絡んできた所で特に面白い芝居をするわけじゃなし…無駄に鬱陶しいと思っているのは私だけかなぁ(苦笑) ま、少なくともあの3人の登場時間だけでも又来やサネイエの芝居の「間」に使ってもらいたいものです。

「で、そのあたり実際どうなのよ?」
と、一度局の人間に聞いて見ないといけませんねー。今度テレ朝に乗り込みますか?(笑)
Posted by むさし at 2007年05月14日 01:38
むさしさん

そう!時効に必要なのは、不必要なまでの長ーい「間」を取り入れた演出だと思うのですよ。そこが時効の大きな魅力の一つだったと。
営業的な圧力があったのではないかという、むさしさんの推察は的を得ているような気がします。
同じテレ朝金曜ナイトドラマ「TRICK」が成功したのは、かたくなまでに路線を崩さなかったことが大きいと思うのです。
制作サイドにはもう一度初心に戻ってほしいと思うこの頃です。
Posted by gary87 at 2007年05月14日 09:34
「違和感」確かに感じますね〜
パート1がメチャ面白くて深夜だったにも拘らず、高視聴率が取れた「時効警察」だから、パート2は、最初から、観てる人(私達)が面白い!って思う基準がすっごく高いから、作ってる側はそれを上回らなきゃならないと思って、大変なんだろうとは、思いますが、、、。
まあ私、製作側の事情なんて何も分らないので、書く資格無いかも知れないんですが、、、
なんか、今までの話、ず〜〜っとワンパターンなんですよね〜
霧山君の「決めゼリフ」が一言一句、毎回同じなのは仕方ないとしても、又、ゲスト出演者(でいいのかな?)が常に真犯人だったり、それが「決まりごと」なのかも知れないんですが、筋が読めてしまうっていうのが何とも、、いや、はや、なんです。
何か、否定的な事ばっかり書いてますが、霧山君と熊本課長が好きなんで、最後まで観ますけど、次回は是非、「おっ!そう来るか〜」って思わせて欲しいと願います。

無駄に長いコメントで、失礼致しました。
Posted by あさぎ at 2007年05月15日 15:23
あ・・・(唐突ですが)

記事の本筋に関係ないのですが、「いわかん」って何だろう。「熱燗」の一種?
でも、今回の「時効警察」のドラマの感想とは関係ないし・・・
と、ずーっと「?」だったのですが、「違和感」なのですね(早く気づけ!>自分)
「かん」の部分を上げて発音していたためにピンとこなかったのですねぇ〜

無駄に鈍感さを披瀝するコメントで失礼致しました。
(皆さんがマジメに討論なさっているのに・・・汗)
Posted by 鑑識課ひゅうがおん at 2007年05月17日 11:01
フッ、鑑識課ひゅうがおんさん、毎度オッサレなコメをありがとうだぜ。

いわかん、いよかん、いわしかん、いまはん、まいこはん・・・、フッ、きりがないぜ。

さて、これから張り込みだ。なべやかん似のホシを捕まえるぜ。フッ。
Posted by 八十七文字疾風 at 2007年05月19日 16:46
あさぎさん

ワンパターン説、確かに頷けますねぇ。そんでもってなんとなく、キリシューの出番がやたらと少ないような気がしません?
シーズン1の時とは違って、オダジョがお忙しいから?ってなんとなく気になってしまいます。
キリシュー色をもっと濃く!してほしいです。
Posted by gary87 at 2007年05月19日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41708988

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。