2007年05月17日

三日月しずかが人気の理由

ゆるゆると書き始めた共作「帰ってきた時効警察ブログ」ですが、気が付けば折り返し地点!
既に半分が放映終了してしまったなんて早いものですね〜。
前回のファーストステージと比較しての賛否両論は色々とありますが、誰もが「これは前回よりもナイスでしょう!」と合致しているのが、ズバリ“三日月しずかのパワーアップ度”だと思います。
サイドバーの人気投票を見れば一目瞭然!

なぜ、これほどまでに三日月しずかが、愛しの十文字さまぴかぴか(新しい)よりも人気なのか?(笑)

…きっとあの「壊れっぷり」が勝因なのだろうと思うんです。
時効警察の特集が組まれていた雑誌のひとつに、オダギリジョーくんのお言葉で「麻生さんご本人は、三日月しずかよりも遥かに面白いんですよ〜。それを何とか画面で引き出すために、彼女に小ネタを仕掛けています(笑)」というようなことが載っていたんですよね。

考えてみると、皆が少しずつズレていてベクトルが異なる方向に向いているのに、そのまま話がなんとなく進んでいく奇妙さが「時効警察」の魅力であり、面白いところなんですよね。
そんな奇妙な人々の中で、唯一ニュートラルな存在だったのが三日月しずかその人だったんですよ。
アクが強いキャラの中でただ一人、視聴者の視点で物事を捉える人物、それが三日月ちゃんのスタンスだったのが前回。
ところが今回は、無色だったはずの三日月ちゃん自身が強烈な個性を持って登場してきた!
…これが彼女の魅力なのではないか、と。
その最たるものが、ケラさん監督のシンガーソングライター・三日月しずかひらめきだったわけですが(笑)。

前クールの時点で、各キャラの個性は既に確立されてしまっていたんですよね。
そのため視聴者の満足度ハードルがより高く設定された「帰ってきた〜」の中では、今までの個性キャラがいくら頑張っても、視聴者からすれば既に“想定の範囲内”に過ぎず面白味がない、ということに繋がってしまう。
新キャラの真加出でさえ脚本・監督によって活用が異なり、そのオリジナリティーが確立されていない半端な存在だし(←ああ辛口…)。

その中で、既出の中立性を見事にぶち壊してのパワーアップに成功したのが、三日月しずかちゃんなのではないかしら…と思うわけです。
だって、前回だったらあり得ない三日月小ネタが多いと思いませんか?
そしてその新たな刺激にまんまと食いついた時効ファンが、予想以上に多かったと思うんだよなー。

大好きな十文字さまについては既に前回で素敵キャラが確立されてしまっているので、今はスピンオフとして十文字さまブログで楽しんでいる…というのが正直なところだと思うんですよ(涙)。
それでも好きだけどね。いつまでも追っかけるけどね(笑)。

そんな訳であと4回。
十文字さまをガン見しつつ、三日月ちゃんがどこまで壊れてくれるのかを楽しみにしながら見守りたいと思います♪
posted by Aki_1031 at 23:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三日月ちゃんの露出度・ウェイトが今シリーズでパワーアップしてるのは確かですよね〜。ドラマのオープニングは必ず彼女の妄想シーンで始まるし、前シリーズにはあれほど頻繁に登場した霧シューのアパートシーンはなく、代わりに三日月ちゃんの部屋は毎回のように登場…逆に霧山くんなんて完全に「時効管理課の一員」として埋もれてるし(笑)
これが製作側のどういう意図なのか…まだよくわかりませんが、それならそれで突っ走ってもらいたいという気持ちは同感!VIVA!三日月!(笑)
Posted by むさし@有休中 at 2007年05月18日 19:13
わたし的にも今回の三日月ちゃんは大好きです♪
キャラが突き抜けたと言うか、確立できたという感じがします。。
前は、単なるキリシューの追っかけ&助手ぐらいな、一種の添え物的存在でしたが、
今回は「猿罪」から始まって変態度レベルアップ(笑)

十文字さまも突っ走っているし、十文字さまの部屋が出てくる日もアリ?
(きっと「西部警察」のポスターを貼っていると思います。。苦笑)

で、逆にキリシューの存在は確かにちょいと薄れてますね
今回は「時効警察の愉快な仲間たち」というコンセプトなんでしょうか?
Posted by 鑑識課ひゅうがおん at 2007年05月19日 21:42
鑑識課ひゅうがおんさん

ですよね〜。三日月くんの存在感が増したと同時にキリシューの存在感が減ってますね。
ファンとしては寂しいんですけどねー。ウチのブログの人気投票でも三日月くんダントツで、キリシューはやばいですしね。

残り三話!がんばれ、キリシュー!
Posted by gary87 at 2007年05月19日 22:01
有休終了のむさしさん、
>逆に霧山くんなんて完全に「時効管理課の一員」として埋もれてるし(笑)
そうなんですよねぇ…霧山くん、どうしちゃったんだろう??

1stステージの時は、オダギリジョーで
視聴率を稼ぐという狙いが、
小ネタや脚本、キャラたちで充分イケる!と
路線変更をしたのが今回2ndステージだったのかもしれませんねぇ…。
Posted by Aki_1031 at 2007年05月22日 13:40
ひゅうがおんさん、
>前は、単なるキリシューの追っかけ&助手ぐらいな、一種の添え物的存在
確かに以前はオダギリ霧山の助手もどきで
事件を解決していましたもんね〜。
さしずめ解説者みたいな…(苦笑)。

それに比べて、今回は明らかに
霧山くんと三日月ちゃんの立場が逆転してますもんね!
いっそこのまま突っ走って欲しいと思います。
Posted by Aki_1031 at 2007年05月22日 13:45
gary87さん、
>人気投票でも三日月くんダントツで、キリシューはやばいですしね
相変わらず三日月ちゃんがトップですよね〜。

ワタシ的に不満なのが、十文字さまが
3番手に甘んじている!ということですよ。
霧山くんがナンバーツーというのは、
やはり腐っても鯛…ということ?
や、カメラやビールのCMのジョーくんは
この上なく素敵ですが(笑)。
Posted by Aki_1031 at 2007年05月22日 13:47
 三日月ちゃん好きの1人としては(笑)、
 あのシンガーソングライターの回が
 ダントツに好きですっ!!^^
 録画を上から重ねて消してしまったことが
 こんなに悔やまれたのは、ひさびさです^^;;

 それにしても、あの三日月ちゃんより
 はるかにおもしろい麻生さんって・・・!(笑)
Posted by miyukichi at 2007年05月24日 16:12
miyukichiさん

録画消しちまったのですかっ?
あらららーーー。痛いですね、それは。

時候管理課ではちゃんと保存していますので、なんでしたら、あれしますよ〜!
Posted by gary87 at 2007年05月25日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42093501

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。