2007年05月25日

十文字疾風の別の顔

今日テレビを見てたら、十文字疾風主演のCM発見!

トレンチコートを脱ぎ捨て、爽やか系に大変身!

でも、なーんか物足りないなぁ、、、って思ったのはボクだけでしょうか?
やっぱ、トレンチ着てCMして欲しいなぁ、さのよいよい。

クリックしてね
 ↓
alico.jpg
posted by gary87 at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと番外ですが。

今日、大人計画の芝居見てきました。
そっちの感想は…近々本家ブログで書きますけど(いや…ぶっちゃけ期待したほど面白くなかったので…書かないかもしれない。)そこでどっかりと渡されたチラシ群の中からめっけた映画。

図鑑に載ってない虫

監督・脚本が三木聡。
イン・ザ・プール」と「亀は意外に速く泳ぐ」が個人的には結構行けるクチだったんで路線としては期待できそう。
出演は伊勢谷友介・松尾スズキ・菊地凛子、その他に岩松了・ふせえり・水野美紀・松重豊・笹野高史・三谷昇・渡辺裕之・高橋恵子などなど三木監督らしいキャストも魅力的!

公開は6/23から。
テアトル新宿の単館ロードショーなので…たぶん見るのはDVDになった頃かもしれませんが(笑)
posted by むさし at 02:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

終わるまいぞ「時効警察」

本日発売のTV naviの特集は、終わるまいぞ「時効警察」でした!
…もうクランクアップしてしまったんですね。。。(涙)
しかしながら、素敵なお話が沢山書かれていましたよ〜♪

皆さんが共通して話しているのが“役を演るにあたって、何も考えてないということ(笑)。
その脱力感が、あのゆる〜い独特のラインを生んでいるんですよね。

オダギリジョーくんが特に心掛けていたのは、「三日月役の麻生さんとのコンビネーション。麻生さんのおもしろい部分をより多く引き出したい気持ち」だったそうです。
やっぱり麻生久美子さん、素で面白いんだ!(笑)
一緒にやっていて飽きない、なーんてジョーくんから言われていて羨ましいったらもう!

霧山と三日月の関係については、恋愛である必要はなくホンワカとした面白みがあればいい、と話すジョーくん。
最終回のラストシーンは麻生さんもめちゃくちゃ気に入っているそうなので、要必見ですね!
ちなみに、十文字さまも最終回で「ちょっと刑事らしいこと」をやっているそうです。
十文字さま…アナタはそのままでも十分“デカ”なのに、これ以上刑事らしいことぴかぴか(新しい)って一体何だというのでしょう!

ちなみに、ジョーくんが個人的に好きで目が離せないなのは、なんとハチさんらしい…。
1stステージでは「豊原さんの十文字にハマってる」って言ってたのにーーーっっ!!むきーっむかっ(怒り)

又来ことふせえりさんが爆弾発言!

「十文字に優しく接しているのって又来だけでしょ?サネイエなんて完全無視だし、まともに受け答えしてるのって又来だけ。そこには揺れるハートがあるからなんです」

えええっ?ですってー?!
今更、強力な恋のライバルが登場かよっ!

…なーんて思っていたら、しっかり「LOVEではないんですけどね」と書かれていました。ふぅ〜…危ない(え)。

めっちゃ気になるのが、脚本&監督が「トム・ジョンイル」と書かれていたことなんですけど…。
これってどう考えても某氏のパクりですよねぇ(汗)。
もしかして、これがオダギリジョーの正体だったりするかも?!
最終回まで見逃せない時効警察ですよー。
posted by Aki_1031 at 23:31| Comment(9) | TrackBack(0) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時候管理課からのお知らせ No.8

Gary課長「♪しょちゅうぅお見舞いもうしあげ〜ます〜、と」

むさし主任「朝からご機嫌ですね。キャンディーズでしたっけ?」

Gary課長「そうそう。オレの青春時代のアイドルだよ〜」

Aki「あー、名前だけは知ってます。でもその歌は知らないなぁ」

武嘉出「何年前くらいのアイドルなんですか?」

Gary課長「70年代だから30年前くらいかな」

武嘉出「私が生まれる前ですね〜。可愛かったんですか?」

Gary課長「そりゃー可愛いなんてもんじゃないよー。当時全男子の憧れだよ」

むさし主任「三人の中では誰が一番好きだったんですか?」

続きを読む
posted by gary87 at 13:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

テレビ朝日本社、訪問

gary87のテレビ朝日訪問雑感を簡単に書くぞ、おおおおぃっ!

まず入り口の近くにテレアサショップの売上ランキングが。
jikou0520_1.gif

並み居るテレ朝強豪アニメを排して、時効警察、堂々の1位!

・・・なんだけど、むさし主任の記事にもあったように散々の品揃え状態。もう怒っちゃいますよ!うちは千葉だからまだいいけど、飛行機やら新幹線やら使って来た人に失礼だろっ、つーことです。

jikou0520_2.jpg
時効コーナーもこんなに小さいし(涙)売上1位なのに・・・

パネル展示でも一番人が集まってました。
jikou0520_3.gif

いやね、むさし主任も書いてますが、もう少し販売に熱心になろうよ!前シーズンのDVDすら置いてないし。サントラも。
商売っけがないというか、お客さんを大切にしてないというか。

んもう、やんなっちゃう。

これから行く方、日曜日は品揃えがめちゃ薄いですよ!気をつけて!
土曜の午前中がいいかもしれませぬ。店員さんから聞いた話だと。

以上、簡単ではありますが、雑感でした。
posted by gary87 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こうなりゃ意地だぜ、オフ会レポ

20日、関東地方の日中は初夏の陽気に恵まれて、なかなかの行楽日和でした。
皆様の日曜日は如何でしたでしょうか。

さて、その行楽と言うかなんつーか…昨日は我が「時候管理課」の課外研修会を行いました。ま、俗に言う「オフ会」ってやつ?あ?ま、まぁそうね、平たく言うと「飲み会」?うん、まぁそうとも言う。

で、せっかく久しぶりに集まるんだから飲み会の前に「テレ朝見学」しよーぜ!ということになり、昼間から集合して意気揚々と向かった、と。
「時効警察グッズ買い漁っちゃおうね〜」とか「ヒルズ、すげぇ〜」とか言いながら。

ちなみに六本木での集合場所は「麻布警察署前」。うちらも警察官のはしくれだし(嘘)、「そうぶ」と「あざぶ」って何か似てるし(…って「」しかあってないよっ!)、それにあんまり警察署の前で待ち合わせをする輩も少ないだろうから間違いなくメンバーにも会えると思ったわけで。(←事実、他に待ち合わせ風の人はいなかった) 

現地に着くなり、いい年した大人がバシャバシャと写メでピーポ君看板を激写したりして、入り口に立っているおまわりさんは呆れた顔で見てたけど職質には至らず(笑)…どうでもいいけど、やっぱ「そーぶ君」の方が可愛いね。
続きを読む
posted by むさし at 02:53| Comment(12) | TrackBack(1) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

青春、それはピチ〜ピチィ♪

最近人生の中のいくつめかの節目を迎えたのをきっかけに、気になっていた「がん保険」の資料請求をしてしまったむさしです。
おはようございます。

いやぁ…そんな矢先だったもんで真加出のかぁちゃん曰くの「何度目かの青春さよなら論」には深ーーーーく頷いてしまった。私もそうやってこれまで何度「青春」に「時効」のハンコを押してきたことか…。今回の話を見ていて、「時効」のハンコと引替えに手にしてきた「図々しさ」で今じゃすっかり覆い隠されてしまったピュアなハートを久しぶりに掘り起こしてみたくなりました。

ああ、カムバック青春。

まぁ私の話はいいや。
で、青春温泉のお話。

三日月チャンの妄想シーンから入ることが多かった時効パート2で、まさか熊本課長の学ラン姿から始まるとは思いもせず少々のけぞっちゃいました。おっ!今日は角度を変えて来たね?ってな感じ。いや…あんまり絵的に見たいシーンじゃなかったけど。絵的といえば「夜の時効管理課」っていう設定も珍しかったかも。あそこはいつも日の光がゆるーく差し込むぼんやりした明るさがイメージだからね。で、その間の3人の「学校演劇」みたいなやりとりに油断していたら、藪から棒に三日月チャン登場ですよ。

「そこから出るかっ!」

今日も今日とて美味しい役どころだ、三日月。十文字達と一緒になってびっくりしちゃった(笑)

今回はレギュラーメンバー総出で温泉に繰り出しちゃうという、ややお祭り色の強い話だったし、ロケシーンも多いし、その上、事件の説明がどうにもこうにも長くて、なんとなくパサパサとした感触のある回に思えたんだけど、まぁ十文字の「浴衣姿」+「ご入浴シーン」、および「諸沢の寝言シーン」(←めちゃめちゃ可愛いかったぞ…“ウィ、トルシエジャパン!”って…/笑)があったからいいか…って。え?甘いですか?男に甘すぎると人生転ぶぞ?…放っといて下さい。

おっとっと。
すいません、時間です。ちょっと中途半端ですが今日はこれから大事な研修会がありまして出かけないといけません。

続きはまた。

又来の“5回すべり”に女優根性を見たむさしでした。
アディオス!
posted by むさし at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第6話の舞台は堂ヶ島温泉

on2.jpg

もううすうすお気づきの方もいっぱいいらっしゃると思いますが、第6話のロケ地は堂ヶ島温泉です。
ほら、上の画像、見覚えあるでしょ?

ホテル三日月も犬吠埼もまだ制覇(本ブログ風に言うと「地取ってない」わけで、また地取りたい場所が増えてしまいました!

温泉につかって、せいしゅん〜♪、それはピチーピチー♪と歌いてぇ!

ちなみにこちらの温泉のHPはここ
↓ ↓ ↓
http://www.doh.co.jp/index.htm
posted by gary87 at 10:00| Comment(1) | TrackBack(2) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#6 今回はついに最後のソノ・ショーン監督で本当にショ〜ンボリですが、このドラマはフィクションです

アディオス、青春!

…なーんて、どこぞの深夜ドラマの顔デカ課長が発言するようなゆる〜いスタートを切ってみた今回の記事。
時効警察も半クールを過ぎた第6話「青春に時効があるか否かは熊本さん次第!」です。

青春温泉で、私も皆さんと一緒に
せいしゅん〜♪、それはピチーピチー♪
と歌いたい衝動に駆られつつ、今回ツボにハマったのはやはり十文字さま!(笑)

松の木の前でオダギリ霧山が「歳を取るのはいいことだ」かなんかウンチク垂れている傍らで、松の木にもたれながら煙草を吹かしている十文字さまに釘付け!!

きゃーーーーっ!!! す・て・き…!揺れるハート

私自身は喘息持ちなため、ドクターストップがかかっている煙草は煙と共にタブーなのですが、こうして煙草をフゥ〜っと吹かしているダンディなお姿を見るのには滅法弱い!(笑)。
男の中の男の中の男の浴衣姿もさることながら、あの松の木に佇む永遠の若き獅子を見てしまった日には、画面前方のオダギリ霧山が霞んでしまってよく見えなかったよ…(こら)。

今回のサネイエもポイント高かった!
いつもはクールに決めているサネイエも、さすがにドリアングレイの魅力には敵わなかったのね〜。
サネイエもアンチエイジングには弱かったか(笑)。
それから神泉!…アナタ、あんなキャラだったの?あせあせ(飛び散る汗)
神泉もつつけば色々と面白い設定ができそうだけど、今クールの時効警察でそこまでディープにクローズアップしてくれる監督はいなさそうだしねぇ…。
残念だなー。

諸沢さんの若きJリーグ時代(違)の熱いトークは主任に譲るとして(笑)、肖像画の女性がツボ師匠に似ている!と睨んだ十文字さまはさすが青春現役バリバリの若き獅子っ。
ヤング刑事・十文字疾風ここにあり!の洞察力と観察眼でした♪

余談ですが、むさしママ。
ここらで「スナックむさし」から名前を変えて、リニューアルオープンってのはいかがでしょう?
「スナック元・若者」とか「居酒屋青春OK」とか…(笑)。

さて、そろそろ私も青春を探しに出かけてくるか。。。
posted by Aki_1031 at 01:44| Comment(2) | TrackBack(2) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

三日月しずかが人気の理由

ゆるゆると書き始めた共作「帰ってきた時効警察ブログ」ですが、気が付けば折り返し地点!
既に半分が放映終了してしまったなんて早いものですね〜。
前回のファーストステージと比較しての賛否両論は色々とありますが、誰もが「これは前回よりもナイスでしょう!」と合致しているのが、ズバリ“三日月しずかのパワーアップ度”だと思います。
サイドバーの人気投票を見れば一目瞭然!

なぜ、これほどまでに三日月しずかが、愛しの十文字さまぴかぴか(新しい)よりも人気なのか?(笑)

…きっとあの「壊れっぷり」が勝因なのだろうと思うんです。
時効警察の特集が組まれていた雑誌のひとつに、オダギリジョーくんのお言葉で「麻生さんご本人は、三日月しずかよりも遥かに面白いんですよ〜。それを何とか画面で引き出すために、彼女に小ネタを仕掛けています(笑)」というようなことが載っていたんですよね。

考えてみると、皆が少しずつズレていてベクトルが異なる方向に向いているのに、そのまま話がなんとなく進んでいく奇妙さが「時効警察」の魅力であり、面白いところなんですよね。
そんな奇妙な人々の中で、唯一ニュートラルな存在だったのが三日月しずかその人だったんですよ。
アクが強いキャラの中でただ一人、視聴者の視点で物事を捉える人物、それが三日月ちゃんのスタンスだったのが前回。
ところが今回は、無色だったはずの三日月ちゃん自身が強烈な個性を持って登場してきた!
…これが彼女の魅力なのではないか、と。
その最たるものが、ケラさん監督のシンガーソングライター・三日月しずかひらめきだったわけですが(笑)。

前クールの時点で、各キャラの個性は既に確立されてしまっていたんですよね。
そのため視聴者の満足度ハードルがより高く設定された「帰ってきた〜」の中では、今までの個性キャラがいくら頑張っても、視聴者からすれば既に“想定の範囲内”に過ぎず面白味がない、ということに繋がってしまう。
新キャラの真加出でさえ脚本・監督によって活用が異なり、そのオリジナリティーが確立されていない半端な存在だし(←ああ辛口…)。

その中で、既出の中立性を見事にぶち壊してのパワーアップに成功したのが、三日月しずかちゃんなのではないかしら…と思うわけです。
だって、前回だったらあり得ない三日月小ネタが多いと思いませんか?
そしてその新たな刺激にまんまと食いついた時効ファンが、予想以上に多かったと思うんだよなー。

大好きな十文字さまについては既に前回で素敵キャラが確立されてしまっているので、今はスピンオフとして十文字さまブログで楽しんでいる…というのが正直なところだと思うんですよ(涙)。
それでも好きだけどね。いつまでも追っかけるけどね(笑)。

そんな訳であと4回。
十文字さまをガン見しつつ、三日月ちゃんがどこまで壊れてくれるのかを楽しみにしながら見守りたいと思います♪
posted by Aki_1031 at 23:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 帰ってきた時効警察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。